シャーマニズムとは何か?

人は、様々な悩みを抱えているものです。悩みを誰にも相談できず、どうしようかと悩んでばかりだと充実した毎日が送れません。そんな時、強い味方となるのが「占い」です。新大久保の母(妙月)では、「新大久保の母」という愛称で親しまれている「神の伝達者(シャーマン)」が、様々な悩みを抱える人々の相談役としてお力になります。

宗教的職能者「シャーマン」とは??

宗教的職能者「シャーマン」とは??

「シャーマン」は、霊・精霊・魂・神などと呼ばれている存在と、直接的に接触や交信をすることができる能力を持っています。精霊や魂の声を聞き、お告げやアドバイスをします。本人が気づいていない潜在意識を読み取ることができ、相談役として古くから親しまれてきました。

日本では、青森県恐山の「イタコ」や沖縄の「ユタ」などもシャーマンに当てはまり、シャーマンを中心とした信仰を「シャーマニズム」といいます。神や霊の言葉を聞き・伝えるシャーマンは、世界中に古くから存在し、現代でも多くの人々の助けとなっています。

「シャーマニズム」の起源

人間はいつの時代にも、霊的存在への信仰があったことが、様々な考古学的資料から明らかにされています。例えば、人類の祖先ともいわれるクロマニヨン人やネアンデルタール人が、死後の世界の観念を持っていたことを示す埋葬儀礼なども、霊的存在への信仰でした。まさに、原始時代から現代に至るまで、人は霊魂の存在・死後の世界の存在を信じてきたといってもいいでしょう。シャーマニズムは、原始的宗教であり、地球上で最も広範囲に存在した宗教として知られています。

韓国の伝統的なシャーマンである「巫堂(ムーダン)」

韓国の伝統的なシャーマンである「巫堂(ムーダン)」

「巫堂(ムーダン)」は、男性・女性の両方がいますが、女性が圧倒的に多いです。家で良くないことが起こった時や先祖供養、悪霊を祓う時、農漁や農穣を祈る時などに、儀式を司ります。

巫堂の儀式は、念仏を唱えたり、祭壇を構えたりするため、仏教や道教の影響を多く受けています。巫堂(ムーダン)は、かつて王朝の儀式にも使われていたほど歴史は古く、中には国家無形文化財に指定されている巫女の儀式もあります。

渋谷・原宿・表参道周辺で占いをするなら、新大久保の母(妙月)へお越しください。長期間にわたり、韓国の人間国宝である巫堂師匠の元で日々修行を積んできた巫堂(シャーマン)が相談役として、愛情あるアドバイスをいたします。恋愛運結婚運仕事運金運はもちろん、会社経営についての相談にも対応しておりますので、ぜひ足をお運びください。

原宿/表参道で占いなら【新大久保の母(妙月)】概要

社名 株式会社玄妙道事務所
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-18-8
TEL 03-6433-5399
FAX 03-6427-4167
説明 渋谷・原宿・表参道で当たると評判の占いをお探しなら、新大久保の母(妙月)にお越しください。元祖韓国占いの第一人者が、恋愛運・結婚運・仕事運・金運など、生年月日をもとに四柱推命や易経で占います。渋谷区の原宿駅表参道口から徒歩6分の新大久保の母(妙月)でお待ちしております。

お役立ちコラム

  1. シャーマニズムとは何か?
  2. 檀君神話について
  3. 国師堂をご存知ですか?
  4. 悪夢から解放されるには?
  5. 韓国の十二支について
  6. 幸せを掴むために大切なこと
  7. 占いはなぜ人気?
  8. パワースポットへ行く前に注意したいこと
  9. 潜在意識と顕在意識~過去・現在・未来~
  10. 日本における四柱推命の歴史

アクセス

渋谷区神宮前に移転しました。
東京都渋谷区神宮前5-18-8
料金について ご予約はこちら