国師堂をご存知ですか?

シャーマニズムの聖地として有名な「国師堂」は神聖なエネルギーに満ち溢れており、様々な祭事が行われています。その国師堂と巫堂は深い関係があります。ラフォーレ原宿近くにある 新大久保の母(妙月)では、神霊占いを用いてあなたの未来を導き出します。

太祖李戌桂が建てた「国師堂」

太祖李戌桂が建てた「国師堂」

国師堂は朝鮮時代が開国された時代に、朝鮮の初代王である「李戌桂」により建てられました。李戌桂は現在のソウルに都を築き、北と南に王室の守護神を祀るために国師堂の建立を考え出します。

建立後、国師堂では国や国民の安定、幸せを願うために様々な行事が行われていました。国師堂は338mと低い南山に位置していましたが、天神が降り立つ場所として神聖なエネルギーを持っていたため、国の祭事を行う場所としてはふさわしい場所だったのです。

国師堂の名前の由来

国師堂は国の「クッ(巫祭)」を行う、とても神聖な場所です。現在でもお祓いの儀式を行うお堂として、病を治癒する憂患、事業繁栄などの慶事、死霊祭の儀式などが行われています。国師堂という名前は李戌桂を一介の将軍から君王に導いた「無学大師」に由来しています。無学大師は有名な風水地理の大家であり、李戌桂は彼の助言を元に都を漢陽(現在のソウル)に移すなど、建国事業など政治に多大な影響を及ぼした人物です。そのため、国師堂には李戌桂・無学大師など護身神将軍が祀られています。

国師堂の存在

国師堂の存在

韓国では神社に相当するのが「堂」の存在です。堂は神社と同様に、村人たちが安定や豊穣、豊漁を願い、1年に何度か祭事を行います。

国師堂・山上堂・ソナン堂など全国的に分布され、それらの堂は村を見守り、守護してくれると信じられています。地域によっては山頂に国師堂、山腹に山上堂、村の入口にソナン堂という3つの堂を一緒に祀ることが多くなっています。

渋谷区神宮前にある 新大久保の母(妙月)は、占いを用いて様々なお悩みを解決へと導いております。恋愛運結婚運仕事運金運など運勢を向上させたい方は、ぜひ 新大久保の母(妙月)をご利用ください。韓国の伝統的な巫堂霊占術にて、あなたにとって最善の答えを見つけ出します。渋谷・原宿・表参道周辺で当たると評判の占い館です。

原宿で占いなら【 新大久保の母(妙月)】概要

社名 株式会社 玄妙道事務所
所在地 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-18-8
TEL 03-6433-5399
FAX 03-6427-4167
説明 渋谷・原宿・表参道で当たると評判の占いをお探しなら、「新大久保の母(妙月)」にお越しください。元祖韓国占いの第一人者が、恋愛運・結婚運・仕事運・金運など、生年月日をもとに四柱推命や易経で占います。渋谷区の原宿駅表参道口から徒歩6分の「新大久保の母(妙月)」でお待ちしております。

お役立ちコラム

  1. シャーマニズムとは何か?
  2. 檀君神話について
  3. 国師堂をご存知ですか?
  4. 悪夢から解放されるには?
  5. 韓国の十二支について
  6. 幸せを掴むために大切なこと
  7. 占いはなぜ人気?
  8. パワースポットへ行く前に注意したいこと
  9. 潜在意識と顕在意識~過去・現在・未来~
  10. 日本における四柱推命の歴史

アクセス

渋谷区神宮前に移転しました。
東京都渋谷区神宮前5-18-8
料金について ご予約はこちら